旅と写真と青空と

-

スンバ島のマングローブ

スンバ島のマングローブ1

サバンナ気候のスンバ島で、海岸に広がるマングローブ。

スンバ島のマングローブ2

島名産のイカットのモチーフにも登場する猿のすみか。

ライムストーンが主たる土壌の乾いたこの島で、豊穣の海を紡ぎます。

(インドネシア/スンバ島にて)

スポンサーサイト
-

ゆっくり、ゆっくり...

ノーンカーイ行き電車1

期せずして乗り込むことになったノーンカーイ行きの臨時列車。

使い込まれた昔懐かしい風情の列車に乗って、カタコトのんびり進んでいきます。

ノーンカーイ行き電車2

(タイ/ノーンカーイへの途上)

-

南の果実

ランブータン

見上げたら、ランブータン。

(タイ/タートンにて)

-

祭りを迎えて

トゥガナン村の祭りの準備風景

普段は洋服姿の村人も、サロン姿で祭りの準備を続けます。
伝統家屋が並ぶバリアガの村。
いにしえの村の風景を、ちょっと垣間見せてもらえたような気がします。

(インドネシア/バリ島トゥガナン村)

-

町の朝市

日の出間近から、町の一角に現れる朝市。

乾いたサバンナ気候のスンバ島ですが、中には島で一生懸命育てられた野菜なども、のどかな街角に並びます。

スンバ島朝市1

スンバ島朝市4

スンバ島朝市5

スンバ島朝市3

スンバ島朝市2

(インドネシア/スンバ島ワインガプにて)